PROFILE

MARISA 

(ゴスペルシンガー / ディレクター)

ブラジル人の父と日本人の母を持つ。スペインで生まれたが、17歳の時に日本に移り住む。ダンサーを目指していたが、交通事故により挫折。


その後、親友から誘いを受けてゴスペルと出会う。

1998年より、ゴスペルクワイア、Tokyo Voices Of Praiseに参加。


2002年にはアメリカで開催された Edwin & Walter Hawkins 主催のカンファレンスで日本人として初めてソロをとる。


2011年1月24日に初の自主ワンマンライブを目黒ブルースアレイにて開催。その後すぐに活動休止するが、2012年3月に再開を決意、6月に一年以上ぶりの自主ワンマンを開催し、再スタートを切る。

2013年12月、特望の1stアルバム「I CHOOSE TO LIVE」をリリース。


近年はソロライブを行う他、クワイアディレクターとしても活躍中。ワークショップやコンサートの企画など、新宿シャローム教会ゴスペルスタッフ・Shalom Gospel Ministryを務めるかたわら、日本各地の教会やライブハウスにて活動もしている。


お問合せ・出演依頼などはこちら
  MARISAメール                                  MARISAお問合せform
              ⬇︎                                                            ⬇︎